SQS FIFO Queue

スタンダードキューの場合は可視性タイムアウトであっても、他のメッセージを受信できる。

FIFO キューの場合は可視性タイムアウトであれば、他のメッセージを受信できない。これは同一グループのメッセージに限る。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSSimpleQueueService/latest/SQSDeveloperGuide/using-messagegroupid-property.html

FIFO キューであっても MessageGroupId を分散すれば、メッセージの並列処理が可能になる。

FIFO特有の設定

出典:Standard Queue から FIFO Queue へ移行した話|ハンズラボエンジニアブログ|ハンズラボ株式会社 FIFO Queueの作成自体は設定を気にしなければ数秒で終わりますが、導入する際は最低でもメッセージ重複排除IDと、メッセージグループIDについては少し考慮した方が良さそうです。

Amazon SQS FIFO キューのその他の推奨事項

出典:Amazon SQS FIFO キューのその他の推奨事項 – Amazon Simple Queue Service Amazon SQS メッセージ重複排除 ID の使用 Amazon SQS メッセージグループ ID の使用 Amazon SQS 受信リクエスト試行 ID の使用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です