DynamoDB 条件付き書き込み

DynamoDB 条件付き書き込み

出典:DynamoDB 条件付き書き込み – Qiita

DynamoDBでは新規アイテム1の作成はputItemで行います。DynamoDBの各アイテムは必ずユニークになるプライマリキー2(以下単にキーと表記)を持っている必要があり、アイテム作成時も必ずキーの指定が必要です。アイテム作成時に既存のアイテムとキーが衝突したときに、RDBの感覚だと一意性制約でエラーになるのを期待しますが、DynamoDBではなんと!上書きしてしまいます。RDBに親しんだ脳みそだと、それじゃ困るでしょ、ありえないでしょ、と考えますよね。もちろん上書き禁止の方法は用意されていて、ConditionExpressionというオプションを使うことで実現できます。キー重複以外にも様々な条件が指定できます。

比較演算子および関数リファレンス

出典:比較演算子および関数リファレンス – Amazon DynamoDB

このセクションでは、Amazon DynamoDB の書き込み条件式の組み込み関数およびキーワードについて説明します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です